介護福祉科

OB・OG紹介

img01

酒井 香織さん

2013年3月卒業(和歌山県立紀央館高校出身)

介護を必要とされている方と同じような気持ちを感じることができて、それがすごくやりがいに繋がっています。

中学3年生の頃、実兄が介護職員として働いていたこともあって、介護という仕事に自然と興味を持つようになり、自分の祖父や祖母も介護が必要になったら自分で介護をしてあげたいと思っていました。
高校生になり、将来の進路は介護分野にしようと明確な目標が定まっていたように思います。だから迷わず、自宅から近くて高校の先輩方が多く卒業している和社専への進学を決めました。
介護という仕事は人とのかかわりを通じて得るものが多く、介護を必要とされている方がうれしいとか楽しいと感じていただけたことが、そのまま私たちに伝わり、同じような気持ちを感じることができて、お互いに笑顔になれたりします。
それがすごくやりがいに繋がっていると思いますし、この仕事を楽しいと感じる瞬間です。

img01

尾崎 亜依さん

2012年3月卒業(和歌山県立和歌山商業高校出身)

授業や実習を通じて得た2年間は、今では経験できない大切な時間であったと思っています。

元々、家族の影響もあってか、お年寄りと関わることが好きでした。
高校2年生の時に卒業後の進路選択でお年寄りと関わる介護の仕事があることを知り、迷わずその分野へ進学することに決めました。
自宅から近い、他の専門学校に決めていましたが、一度見学だけと思い和社専のオープンキャンパスへ介護に興味を持っていた友達と一緒に参加。他校のオープンキャンパスにはない内容の楽しさや分かりやすさ、先生と学生の雰囲気がとても良く、自然の多い静かな環境と隣に介護施設があることなどを知ることが出来て、自宅から少し遠かったけど、ぜったい和社専で学びたいと思い、入学を決めました。
私が専門学校を卒業して思うことは、色々なことを学べる環境があり、授業や実習を通じて得た2年間は、今では経験できない大切な時間であったと思っています。
働き出してからの必要な基本的知識や技術をすでに学んでいることが安心感や自信につながっています。

介護福祉科について

TEL 0737-67-2270 アクセス

  • ban01
  • ban02
  • ban03
  • ban04
  • ban06