介護福祉科

在校生の紹介

吉岡 彩月

吉岡 彩月

神島高等学校出身 1年生

県内で学んで就職したいと考え、和社専を選びました

元々、福祉の仕事がしたいと考えていて、中学生の時に高齢者施設を訪問したり、視覚障害のある方と接するボランティア活動に参加していました。その際に、利用者の方々と関わっているスタッフの姿を見て、私もたくさんの人を笑顔にしたいと思い、介護の仕事に興味をもつようになりました。
進学を考えた際、県外に出て働くより、県内で学んで就職したいと考えていました。高校の学校説明会の時に、和社専の先生から学校のことや介護について話を聞く機会があり、オープンキャンパスにも参加しました。学校の雰囲気や、隣に姉妹施設があること、自分にとって勉強しやすい環境であることが決めてとなり、入学することを決めました。

 高校と違い、授業時間の長さに初めは大変でしたが、学んでいくにつれて、少しずつですが慣れてきています。留学生が多く、日本とはちがう文化や言語などを、交流を通じて知ることができ楽しい学校生活を送ることができています。これからもっと多くの国のことを知ったり、日本のことを教え合いながら、しっかり学び、よい学校生活を送りたいです。

 今後の進路はこれから考えていきますが、1人でも多くの人を支え笑顔にできるよう、また少子高齢化社会を支える介護福祉士になりたいと思っています。

森本 心

森本 心

貴志川高等学校出身 1年生

入学前の印象通り、明るい学校生活が送れています

介護の仕事に興味を持った理由は、高校生の時にニュース等で介護分野の人手不足や少子高齢化が進んでいるという話を聞き、どのような仕事なのか、どのような方々が働いてるんだろうと興味を持ちました。
和社専については、最初はハガキでオープンキャンパスのお知らせが自宅に届き、どんな学校なんだろうと思って見学に行きました。その時、先生方や先輩方の雰囲気も良く、話を聞く中で、大切な事がしっかりと学べると思い入学を決めました。

入学してからは色んな事が不安で心配でしたが、周りの方や先生方も優しく接してくれてとても明るく学生生活が送れています。
将来、困ってる利用者さんかがいたら丁寧に対応し、いつでも笑顔でしっかりと利用者さんの話を聞き、力になれる所はしっかりなりたいです。ミスをしても切り替えて何事にも取り組めるような介護福祉士になりたいです。

ファム ゴック タック

ファム ゴック タック

A.C.C.国際交流学園出身 2年生

いい学び、いい友人や先生との出会いをくれた学校

私は和歌山社会福祉専門学校に入学する前、学校のホームページやSNS等で、どのような学校なのか調べていました。また、同級生の勧めもあり、入学して介護の勉強をしたいと思い、入学を決めました。
入学してからはたくさんのことを学んでいます。座学の授業では、介護福祉士のこれまでの歴史や、身体のしくみ、病気や障害についての専門的知識を学んでいます。実技の授業では、クラスメイトと介護者役・利用者役に分かれて演習を行うことにより、介護する側の気持ちだけでなく、介護される側の気持ちも知ることが出来、貴重な学びを得ています。

こうした学校での学びは、アルバイトしている高齢者施設だけでなく、系列の高齢者施設でも実習を行う中でも活かすことが出来ています。
介助を行う際に、どのような声掛けを行えば、利用者の残された機能を上手く使えるのか、またその機能を活かすことで、いかに次に繋ぐことができるかを考える力もつけることが出来ました。

入学当初は日本語のイントネーションの違いもあり、授業についていけるのか不安や戸惑いもありましたが、そんな私達を先生方はいつも優しく支えて下さっています。私がここまで学んでこられたのも、先生方や友人達のおかげだと思っています。いい学び、いい友人や先生との出会いをくれた学校に入学して本当に良かったと思っています。

介護福祉科について

TEL 0737-67-2270 アクセス

  • ban01
  • ban02
  • ban03
  • ban04
  • ban06